本文へスキップ



注意事項とルール

※参加する前に必ずお読み下さい。

ダイブ・リンカーのホエールスイムはドルフィンスイムとは違い、追いかけたり潜ったりはできません。基本的にはくじらを驚かさないよう水面から観察します。

まず鯨を見つけたら、スイムができるかどうかしばらく船上より様子をうかがい、船が接近しても鯨が逃げないような状態になるまで待ちます。

海洋状況や出会った個体により状況は変わるためトライするかどうかは船長、ガイドで判断いたします。

水中で観察できそうな鯨に出会えたらスノーケル準備を開始し、ガイドの合図で静かに海にエントリーして鯨を観察します。

  • 鯨との距離を縮めようと勢いよく泳ぎ出すと、鯨は驚いて逃げてしまいます。一度でも人を逃げる対象だと感じた鯨にはその後近づくことが大変困難になります。
       ガイドより絶対に先には行かないでください。
  • 尾ヒレは危険なため鯨の後方からの接近はしないでください。
  • 小さな子鯨を連れている母鯨は神経質になっていることもあります。
       子鯨を追いかける行為は絶対しないでください。
  • カメラ等海に沈んでしまうものには、ストラップの着用をお勧めします。水深が深いため落としても取りには行けません。
鯨が完全に通りすぎてしまっても驚かしたりしなければ何度かトライすることもできるので、その分近くで見られるチャンスは訪れます。一人のお客様がルールを守れないと、参加者全員に迷惑がかかります。ガイドの指示に従えないお客様には、コース開催中であっても入水を禁止することもあります。

コース開催期間中はホエールウォッチングシーズンの最盛期でもあります。他のウォッチング船が見ている鯨と一緒に泳ぐことはできません。スイムができそうな鯨が見つからない場合はウォッチング船と一緒に船上から観察することもあります。


毎回必ず水中で見られるとはお約束できませんので、あらかじめご了承ください。